水彩画

2010.03.10.Wed
ここ二日寒くてたまらん・・

最近水彩をちょこちょこ描いています‥
で、筆について少し。。

 水彩で使われるのは主に軟毛筆なんですが、その中でも最上級と言われるのが、コリンスキー製なんですね。
コリンスキーというのはイタチやらテンやらの毛らしいんですが、恐るべきはその価格で、
なんと金より高いという‥。。
 そういうわけで垂涎の的だったりするわけですが、最近通販で調べていたら何やら「PICABIA」なる国産メーカーのコリンスキーが安くて優れているらしい‥。

というわけで注文してみたんですが、この毛並みの揃い具合と水の含み具合は素晴らしい‥。しかもナイロン筆並の安さ!
だいたい有名画筆のラファエルのコリンスキーはそれこそ宝石並の高額さなんですが、PICABIAバンザイ!

 ちなみにナイロン筆も性質が向上していて、アルテージュなんかは有名なんですが、耐久性がイマイチだったりします。ところで絵具にしても海外メーカーは高すぎる…。
だいたいシュミンケ=マイメリ>>W&N>ホルベインといった感じで…
輸入品だから当然のようですが、それにしても高すぎる!というのが往々に存在して、歴史とブランド力って凄いなあと思う自分。

スポンサーサイト
 | HOME |