FC2ブログ

ディクテーションやで

2012.11.08.Thu
 リスニングを鍛える方法って色々ありますよね。。シャドーイングやらオーバーラッピングやらサイトトランスレーションやら。。

 で、自分が一番やったなぁと思えるのはディクテーションです。

ディクテーションです

 2011年3月くらいからイクフン解きまくれ3,4が解けなさすぎたので、テキストエディタに8割くらいは打ち込みました。音楽プレーヤーはWMPで、Wmpkeysプラグインというものを入れたら、WMPをアクティベイトさせないで、ショートカットキーで操作できるので、キーボードでテキストを打ち込みながら、キーボードで音声を停止させたり、巻き戻したりできますので便利です。。コレをやると、イクフンでも解説なしでほぼ正解できるようになりました。このことこそが、自分を(解説がない)韓流模試へ導かせたといっても過言ではありません。。

 あと、ディクテーションすると、ライティング能力も上昇する気がします。それに、何も考えずにキーボードを打ちこむだけなので無心になれます。。写経に似てるかも。。ただ、ディクテーションは疲れます。。何が疲れるかというと、スペリングを打ちこむのが疲れます。。ワードの場合、Sundayといった曜日ならSunと打ち込んだ時点でSundayのポップアップが出現し、エンターを打ちこむだけでSundayと打ち込まれるのですが、他の単語はほぼ全文打ち込まないといけません。特にうぜーのが人名とかで、ほぼ間違いないなくワードは赤線を入れやがります。

 入力履歴などから冒頭のスペルを打ちこむだけで予想単語の一覧を出してくれるIMEソフトがあればいいのに。。と思ったりします。(´・ω・`)

 で、上の画像には逐次私怨のコメントが入ってたりします。。(●´ω`●)
スポンサーサイト



突然ですが

2012.11.08.Thu
 なんかテンションがダダ上りなので、たまにはTOEIC以外のことも語ってみます。



 上はRufus & Chaka KhanのAt MidnightというAsk Rufusというアルバムの冒頭を飾った曲です。

 Chaka Khanといえば80年台そしてここ最近でもグラミー賞を受賞したソウルの女王なのですが、この曲はChakaがソロデビューを果たし、アレサ・フランクリンの次の女王として名声を馳せる丁度直前の時期という感じなのですが、最後らへんでひたすら「ミッナイ~ミッナイ~!」と絶叫しまくる彼女の姿は、まさしく次世代としてのソウル・クイーンを予感させます。
 Chakaといえばシャウトみたいな印象がある人も多いと思うのですが、僕の意見は少し違います。
 何が彼女をクイーンたらしめたのかと考えると、彼女の音楽に対するスタイルが結構大きいと思うのです。ジャンル別にされるのを嫌った彼女、アレンジが気に入らないと殴りあう事もあっという彼女。
 そういう彼女の慄然としたスタイルが、この曲の最後のほうでひたすら「ミッナイ~ミッナイ~!」と叫ぶ中に含まれている気がするのです。バックバンドに囲まれて抜群の笑顔で叫ぶ小さな彼女のその姿は、小さな核弾頭のような爆発力があって、これからの彼女のカリスマ性を期待させます。人種混合バンドの中で、何処にもカテゴライズされ得ない、アレサともグラディスとも違う、まったく新たな視線と観点に立脚し、ユニヴァーサルな音楽とは何かを無言で説いているような気がします。

 そうだ!コレこそが私たちの音楽なんだ!みたいな。

シナゴンファイナルLC、テスト2やった

2012.11.08.Thu
 
 先日、病院の待合室で携帯プレーヤーでリスニングしてたら、ああいいな、と思いました。家だと誘惑多すぎるので。で、夜中河川敷に行って携帯プレーヤーでリスニングしてたら、夜風に吹かれまくってヤバいと思いました。

シナゴンファイナル解答用紙

 で、シナゴンファイナルテスト2やりました。韓国の解答用紙は縦に折れるから便利です。

 結果は、パート2が28、パート3が22、パート4が27でした。ここ最近パート1はたまにしかやらなくなってます。パート2の勉強やったらパート1もほぼ8-10点は取れるようにはなったので。で、ほかのパートなんですが、この問題集はパート2に素直な問題が多いと思います。28点以上を連続して取れるって初めてなような。。パート3は、ヤバいです。。昨日、英検準1級の過去問のリスニングとかやってて調子が狂ったのかもしれません。特にパート3に入って10問くらいは「えっ?えっ?」みたいにアナウンスがどんどん流れたので、半分くらいしか合ってません(●´ω`●)ゞ。でもまぁ、パート4は結構良かったので結果オーライです。自分の場合よくあるのが、調子があまりにもよすぎると、だんだん先に進むにつれて不安が多くなってミスが多くなったりします。逆に最初のほうで調子が崩れると、後で慣れてくるってのが良くパターンとしてあります。だからパート3,4の点数を揃えるのは結構大変です。。まぁ、先日公式4で初めて92点取れたので、そのうち安定して90点台出せる、、くらいには、、なれるのだろうか。。でも、リスニングの勉強はリーディングより楽な気がします。アナウンスの内容はつまんないんですけどね。

 リスニング45分集中力持たせるのは結構きついです。前回の試験で風邪引いてしまったんですが、重要なのは「風邪をひこうが、緊張しようが、そういう悪環境の中でもある程度の安定した力を発揮できる」ことだと思うので、もっと慣れるしかないんでしょうねぇ。。

( ´_ゝ`)

2012.11.08.Thu
 ぜーんぜん勉強はかどらやせん。。
じゃあ、来週のテスト結果見たら捗るのか?って言われたら、絶望の淵でもっとはかどらなくなったりして。。

 韓流模試の先人様方が仰られたように、韓流模試は届いた時のテンションの上がり方がヤバいです。
なんでか?と考えてみたところ
・分厚さとでかさが教科書っぽい
・あんまり自己啓発書っぽくない
って感じでしょうか?

 そうそう。韓流模試の届いた時のうれしさは高校で初めて手にする教科書の雰囲気に似てる気がします。
 机に山積みにされた刷り立ての教科書の束を一冊引きぬいて、ページの匂いをかぐ。あの興奮に似てる気がするのです。カバーレスのペーパーバックも教科書を思いださせるかもしれません。値段も教科書並みに安いし。

 韓流模試は問題のクォリティもクォンティティも値段も文句ないのですが、ただひとつ文句があるとすれば、リスニングのスピーカーの幅が狭いような気がします。つまりどの模試を見てもほぼ同じようなスピーカーが出てくるのです。公式と同じスピーカーは登場させられないだろうし、だったらもっと幅広いスピーカーを採用すべきじゃね?と思ったりします、たまにね。。

 2年前くらいの時までは、模試とか一日1/4くらいしかこなせなかったんですが、一日一模試を目標にここ2ヶ月くらいやってきてるんですけど、明らかに模試に取り組む抵抗がなくなってきてます。10月の本番もそれほど負担を感じずに受けれたし。。やっぱりそういう普段からのエクスポーズが大事なんですね。。

 
 | HOME |