FC2ブログ

HOWTOTOEICテスト10終わり。

2013.02.03.Sun
DSCF1599.jpg

やっとHOWTOTOEIC一周おわりやがりました。。
テスト10の結果は9(8),27(15,18,34),23(49,53,54,57,60,63,68),26(75,90,93,96)で85点(450くらい?)。なんかここ2ヶ月全然リスニング伸びてない気がするぜ。。
今回のテストの感想は、パート3が厳しかった。特に53-55で2問も間違えた。他の選択肢も厳しかった気がする。

本来ならこのままシナゴンファイナル1-6の2週目に突入したいのだが、前述のListening Prep Bookのスクリプト&音声がテスト2回分+パート別のやつが約11回分あるので迷っている。。1ファイルに付き2回音声が流れる仕様なのでとりあえず2回聴いて、内容をメモりまくるみたいな作業を30分ほどガストでやってみたんだが、正直どうなんだろうか、、という気がしている。最初公式4に取り組んだ時は以前と比べて断然本番(12月の時)が聴きやすくなった!と実感したのだが、その後公式3にも取り組んで1月の試験に取り組んだ時はそうでもなかった。。公式スピーカーの重要性、というか恩恵を受けられるのってもしかして最初だけなのかなぁ。。とちょっと思っている。Listening Prep Bookの音声は公式と同じ人が多い、でも自分の場合、スクリプトと音声のみで問題とか選択肢はない(パート2だけは問題冊子がなくても解けるけども)。一方HOWTOTOEIC含めた模試本はあたりまえのことながら、問題が有る。
スピーカーが公式ということでListening Prep Bookの音声を音読したりシャドウイングしたりディクテーションするのは大いにアリだとは思う。しかし、、模試のように問題を解きながら解く(解きまくる)というのは別の意味があるような気がしてならない。あ~るさんは「スクリプトを全て聴き取れなくても回答はできる」と言っていた。Adams様も「リスニングは最後まで(勉強して知識を増やしていくというより)慣れだった気がする」と言っていた。じゃあその慣れとは、と尋ねられるとやはりたくさん問題にあたって解きまくることだと思う。自分も何回も言っているように、2回模試を続けて解くと、大体決まって2回目のほうが点数が上がる。慣れができてきて、勘が研ぎ澄まされてきているからだ。そして、スクリプトを隅々まで聞き取れるということは、そういった慣れとは別問題なのではないか、ということだ。逆に言うとスクリプトを隅々聞き取れたとしても、問題に答えられ、正解できるかどうかはまた別問題なのではないだろうか、と思っている。もちろん聞き取れるスクリプトの部分が増えれば、正答率が高まる要因にはなる、とは思うけれども。
だから、例え公式スピーカーの音声ファイル+スクリプトが今手元にあって、律儀に音読したりディクテーションしたりしても、割に合った結果が出るかどうかはビミョーな予感がする。というのは、かなり以前にイクフン解きまくれ3,4に取り組んだ時に散々な結果で「よし!全ファイルディクテーションしよう!」と意気込んで、テキストファイルにさんざん打ち込みまくって2周目に望んだのだが、努力の割りには正答率は上がらなかったからだ(ちなみにディクテーションしまくったことで、冠詞を細かく聴き取ろうとする気になった、とか、ライティング能力が上昇した、と一番感じた)。
そこまでやっても、やっぱりある程度期間をおいてまた回答してみると以前解けた問題が解けなかったり、誤答が増えたことが結構あったのだ。特にイクフンのパート3,4はナレーションの冒頭で言われたことが3問目のキーになってたり、たった一文のアナウンスで2問解かせるみたいな、厳しい設問が結構ある。で、そういうのはディクテーションしたりして、スクリプトを隅々聴けるようになっても、解けなかったりする(逆にスクリプトを聴き逃しまくっても2,3周目になると設問と解答を覚えてて正解するということもよくあるのだが)。まぁ要するに、そういう難問に出くわした時に、どういうストラテジを立てられるのかってのが結構見落とされがちな気がしたのだ。で、そういうストラテジを反射的に体に覚えさせる、ということが「慣れる」ということではないか、と思ったのだ。で、そういうことを今日、Listening Prep Booの音声を適度に聴いた後、ちょっと久しぶりにHOWTOTOEIC10に取り組んで、パート3で23点というビミョーな点数を取って、ふと思った。
まぁとりあえずListening Prep Bookについては今日ガストでメモしてきた内容についてはスクリプトと照らしあわせて聴いてみて、これからはとりあえず外出時にランダム再生で音声を流すくらいはやっておきたいと思う。13模試分のスクリプトがあるので、音声に合わせて読むだけでもきつそうだし。。
続きを読む "HOWTOTOEICテスト10終わり。"
スポンサーサイト



イヤーマフ

2013.02.03.Sun

イヤーマフイヤーマフ
()
工具ジェイピー

商品詳細を見る


イヤーマフとは防音防寒から身を守るものである。
安いものは800円から高いものは1万とかあったりする。
とりあえず800円のやつをアマゾンで買ってみた(なぜかアマゾンのリンクに該当商品が出てこなかったので別の商品)。
耳に装着してみると軽い孫悟空状態な締め付けを感じる。
しかし、防音効果はかなり高い。
これがあれば、イヤフォンと併用すれば工事現場でリスニングしてても気にならない(はず)。

ということで今日ガストに行ってつけてリスニングしてみた。
何も雑音は聞こえない。
ついでにイヤフォンを外し、イヤーマフだけつけてリーディングもやってみた。
何も聞こえない。
何も聞こえないのだが、そのことで逆に周りが気になってきて集中できなかった。
リーディング中は周りがうるさくてどうしようもない時だけつけるべきだと思った。
 | HOME |