FC2ブログ

Ray Goodman & Brown

2013.02.22.Fri
今回TOEICとは関係ありません。

やはり一度は紹介しときたい!と思ったのがこのRay Goodman & Brownというトリオ。
ソウル・ミュージックの中でもスウィートソウル界で、(多分)帝王的な存在のRay Goodman & Brown。
スウィート・ソウルは日本で甘茶ソウルとか言われることもあり、それはそれでかなりディープな世界です。。

元はThe Momentsというバンド名でSylvia Robinsonの曲をたくさん歌ってたんですが、確かレコード移籍した時にそのバンド名が使えなかったために、改名したとかだったと思います。
Moments時代はなんといってもアリシア・キーズもカヴァーしたLove On A Two Way Streetが有名なのですが、ここではメリサ・マンチェスター原曲のDon't Cry Out Loudを。個人的には原曲よりピュアさを感じて好きです。特に最後のほうでコーラスに以降するときの素朴さというかナチュラルさがたまらん。。



このバンドが偉大、、というか他のスタイリスティックスだとかデルフォニックスあたりのスウィート・ソウルの殿堂達と異質なのは、スウィート・ソウル主体のくせに、EW&Fにサウンドが凝ってたり、こなれてたりするからだと思います。ちなみにゴスペラーズの村上てつやはこのバンドのものすごいファンで、「自分もRay Goodman & Brownの一員になりたい!」とよく豪語してます。



これはHeaven In The RainはStayというアルバムに収められた曲で、ドラマ仕立てのOPといい無茶苦茶凝った曲ですが、やはりラスト辺りの盛り上がり方は異常です。ちなみに冒頭のセリフは女性が嵐の中一人車がエンストしてどうしようかとしてるところに、男(ボーカルの一人アルグットマン)が車に乗せてやるというシチュです。
Ray Goodman & Brownのスウィート・ソウルの特徴として、1stコーラスや2ndコーラスでは独唱だったのを、ラストコーラスではフルコーラスで持ってくる、ってのがあるんですが、そのフルコーラスがホントに涙がでるほどに綺麗なんです。。
スポンサーサイト

ETS1000LCのテスト2,3終わりました。。

2013.02.22.Fri
DSCF1656.jpg

テスト2は10,27(18,35,36),30,29(85)で96点
テスト3は10,28(23,35),29(46),29(99)で96点

ジムとかで前述のTOEIC Prep bookのディクテーションファイル聴いてたんですが、テスト2のパート3,4で5個くらい知ってるアナウンスが出たので、かなり楽でした。ディクテーションファイルは同じ音声が2回流れるので、聴き流すにはお勧めです。
で現在ディクテーションファイルはパート3を少しと、パート4を100個中30個やっと聞き流し終えた(妙な表現ですが)だけで、パート1,2はまったく手付かずだったので、それで96点取れたのはなかなかな成績な様な気がします。あと、テスト3は(ディクテーションファイルで)知ってるアナウンスがひとつも出て来なかったので、96点取れたのは驚きです。
L495点への道が近づいてることを祈るのみ。。

あとイクフン極めろパート5をまたやってます。前回の文法が壊滅だったので。。すでに4,5週やってる問題とかあるんですが、短文はあっという間に記憶から抜けてしまいます。。自分の脳は海綿で出来てるのかもしれない。。
あとLはパート1,2を集中的にやる時期が来てるのかもしれません。パート3,4で29点取れてもパート1,2のほうが悪いじゃん!ってときがそこそこあるので。。
 | HOME |