FC2ブログ

ETS1000LCのテスト10のパート3,4の2回目

2013.05.21.Tue
暑くてだるい。。

26点と28点。
1回目もあんまりいい点数じゃなかったので気のせいではなくテスト10は難しかった。ということで。


昨日の基本情報技術者合格の記事に拍手が5つついてました。
皆さん方結構気にかけてくれてたんですね(感涙
合格率は23.0パーで、新試験に移行して以降では2番めに低い合格率だったらしいです。察するに必須問題のアルゴリズム(配点20点)が難しい問題だったので、そのせいと、言語選択(配点20点)で表計算選んだ人はひどい目に会いまくってたらしいので、比較的易しかったC言語を選んだ自分にとってはラッキーだったということですね。
苦手のネットワークが選択問題に出て来なかったのも大きかったし、問7の経営の選択問題は専門知識は一切いらない問題だったのがとても僥倖でした。

週末のTOEICに向けて追い込みかけることは勿論なんですが、一番重要なのは「健康でいること」です。
風邪にしろ下血にしろ、そういうのは避ける。
テニスのナダルは今期長期の怪我の離脱から復帰して絶好調ですが、ナダルが「重要なのは勝つことよりも健康でいられること」と言ってます。

基本情報合格発表

2013.05.20.Mon
kihongo.jpg

ギリギリ受かってました。⊂(^ω^)⊃

まぁTOEICと違って自己採点できるので大体の点はわかってたんですが。。
一応受かってたので日曜のTOEICにはずみが付けばいいなぁとは思いますが。
秋に応用情報技術者受けるかどうかは未定です。

ETS1000RCのテスト6の3回目が終わりました。

2013.05.19.Sun
2回めと思ってやったら3回めだったでござる。
それぞれ28点と29点。

今はETS1000のテスト10に取組中。土日はほとんど勉強してなかった。。

明日基本情報の合格発表らしいです。

シナゴン1-10の3回目やりました

2013.05.17.Fri
DSCF1834.jpg

3回めのくせに未だに24点とか取りやがって。。
ちなみに2回目取り組んだのは2月上旬でパート3が24点、パート4が25点。
また聴きなおして解き直して次。

ETS1000LCのテスト8の2回目、終わりました。。

2013.05.17.Fri
DSCF1833.jpg

パート1は飛ばして、パート2が28点、パート3が29点、パート4が30点。
前回は3/6に取り組んで、パート1は10点、パート2が28点、パート3が27点、パート4が30点だったのでやや上がってるかなって感じです。

やや調子が戻ってきた感じなので、次はちょっとムズい模試(でも2周目だけど)をやるかも。

ETS1000LCのテスト2の2回目ほぼ終わりました。。

2013.05.16.Thu
DSCF1831.jpg

パート3,4だけやりました。。1回目の時は30,29だったので下がってます。。(;´д`)トホホ…
まぁこのぐらいならしょうがない。

解答用紙にもメモ書きしてるんですが、リスニングの演習が辛い理由は
アナウンスを聴いて回答する時ではなくて、無音声の時に先読みしてるときが辛い
ってのがあります。だから無声をカットした音声ファイルで問題解いたことあるんですが、逆にサクサクできたりします。不思議なんですが。

これからはパート1,2の演習も交えて行かないと、本番足をすくわれそうな予感しかしない。

受験票がきた

2013.05.15.Wed
DSCF1825.jpg

大阪工業大学だってさ。
なんとか自転車で行けそう

最近ずっと言ってることですが、全然勉強できてないです。。
900特急届いてちょっとやる気になったと思ったらすぐに戻ってしまった。
やる気になるまで待つんじゃなくて、取り敢えず取り組んで、そこからやる気が湧いてくる、、というプロセスが抜けている気がする。
あとあんまりやる気がでないならガストなりで強制的に勉強させるようにしないといけないかもしれない。
勉強やる奴は駅のホームだろうと、便所だろうと勉強するんだろうし、場所を替えたら勉強できる(かもしれない)というのはかなり希望的観測すぎて、自分の意志の弱さ以外の何物でもないんですが、、。

ETS1000LCのテスト1の2回目やりました。。

2013.05.13.Mon
DSCF1821.jpg

パート3,4だけやりました。点数は1回目とほとんど同じですが、まぁ27点超えてたらしょうがあるまいってことで。。
昨日ジムに行ったんですが、ジムに行った翌日は
・やたらイライラする
・やたら眠い
・やたら筋肉痛
・やたら饒舌or活動的
になったりします。筋トレすると活性型テストステロンが数十%増えるらしいので、気のせいではないと思います。
今日はもうちょっと演習しようと思ってます。
2週間前だし、1週間前になったら多分何にもできなくなると思うし、ここで気合を入れないといけないと思います。

レアソウルバラードについて①

2013.05.13.Mon
70年台後半~80年台前半ってのは洋楽全般で全盛期だと思うんですが(勿論個人的な嗜好性はあるでしょうが)、ソウルもまさしくそんな感じで、R&Bチャートの何位に入ったとか云々よりも、時代で選んだほうがいい曲に巡りあえたりする、ってのはほんとによくあることです。
ということで、そういう時代はアルバム1枚きり出したきりで消えてしまった(ひどいのになるとシングル一枚とか)アーティストが山のようにいて、でそういうところに宝が往々に眠っていたりします。
で、今回はバラードに焦点を当ててるわけですが、
・リリースが上の時期に当てはまる
・一人よりもグループがいい。男女混合ならなお良い。人種混合バンドならなお良い。
・基本はファンクグループ
上の条件に当てはまるほど、びっくりするような名バラードがレパートリーに含まれていたりします。
以前紹介したCHANGEも名バラードがありますが、彼らも男女混合人種混合バンドでした。



で、最近耳にしたのがこのバンドのバラードで、勿論アルバム1枚しか出してないマイナーグループです。CD化されてないからか、Amazonでも売ってません。曲はとにかく2ndコーラス以降の盛り上がりが素晴らしい。。



こちらも1枚しかアルバムを出してないグループ。グループのボーカルが何者なのかとかも、かなり謎です。このグループのこのアルバムはCD化されたんですが一時期プレミアが付いてて7000円くらいになってました。この曲はいつも言ってるNHKFMのソウル番組で知ったんですが、まぁ尋常じゃないくらいソウルフルで超名バラード。



こちらも1枚しかアルバムを出していないグループ。しかもCD化されてないはず。
このアルバムは全体的にほんとに素晴らしいのですが、このバラードのピュアさがなんともたまらない。。

で、こういうドマイナーかつど名曲に巡りあえたりすると、そのクォリティに唸りつつ、
決して陽の目を浴びることのないこの名曲達を不遇に思ったり、自分だけのものだとほくそ笑んだり、
そういう日陰の隅でこっそりと咲き続ける花のような感じに複雑さを感じたりするわけです。。




ジム

2013.05.12.Sun
ジムに行ってきました。
やはり体を動かすのは良いね。
100円ローソンでテーブルヤシを買ってきたので、亀の濾過槽につっこんでハイドロカルチャーしようかと思ってます。
勉強は今日はさっぱりやってません。。
« Prev | HOME | Next »