FC2ブログ

ジムに行ってきた

2013.06.07.Fri
ジムに行ってきました。
ホントは週二回行ければベストなんですが。。

冷蔵庫に入らなかって室内に3日放置してた白菜が液体になってた。。
白菜すげー

参考書がやってきた

2013.06.07.Fri
DSCF1872.jpg

トライアルというのは翻訳会社が主催する試験だそうです。それに受かれば翻訳者として登録できるそうです。TQEと違って無料ですが、添削結果がわかるとかいうのではないそうです。要するに純粋に足切り目的。
で、TQE対策として触りだけ読んでみたんですが、まず第一に誤字脱字、表記の不統一、桁数の間違いみたいなケアレスミスが大きく響くらしいです。400字くらいのレポートで1つそういう間違いがあればマイナス10点、2箇所異常あれば40点引かれるらしいです。で、この理由として翻訳を提出したはいいが、提出された側(翻訳会社)がその翻訳を直すのに一苦労するから、という意味があるそうです。なるほど。。

DSCF1873.jpg

あと応用情報午前の参考書もゲットしました。情報系の大手予備校?業者であアイテックの参考書で、2010年の本なので中古とはいえ格安だった(定価は2700円)。ほぼ新品に近い。ただしやはり中身のトピックが入れ替わってるという感じは受けない。H25hの午前問題解いてみたけどこの参考書だけで十二分にやっていけるはず。。くらいには思った。基本情報と同じように応用情報も午前は過去問がそのまま出題される場合が結構あるんですが、この本をパラパラのめくってたら早速H25hに出てた「値参照と参照呼び出し」の設問がそのまま載っていた。H19aのソフトウェア開発試験(応用情報技術者試験の前身)にも出たらしいし、H16hにも出てたらしい。午前問題はこういう過去問そのままが数年おきにかなり出没する。
IPA主催の情報処理試験には応用情報技術者試験の更に上の区分として高度試験というものがありまして、それぞれデータベースだとかセキュリティスペシャリストだとかでこれまで基本情報などで分野の一つに過ぎなかったものが独立して試験になってます。
さっき言ったとおり応用情報技術者試験はかつてソフトウェア開発技術者試験という名称だったんですが、何が違ってたかというと、かつては午後問題のアルゴリズムが必修だったらしく、プログラミング経験が浅い立場の人はとても不利な試験だったんですね。実際に合格率も15%くらいの試験だったんです。で、応用情報技術者試験という区分になってから経営ストラテジ系の問題も選択できるようになり、アルゴリズム、データベース、ネットワークみたいな基礎数学的な理解がいるテクノロジ系を避けて受験できるようになったのです。それで合格率が基本情報技術者と同じくらいに跳ね上がったのです。逆に基本情報技術者試験は午後問題にアルゴリズムは必須だし、言語問題があるのでプログラミング現場にいたことがなかった人はむしろ応用情報より不利になる場合がある、、ということらしいです。
で、さっき述べたように応用情報技術者試験の上に専門的な高度試験がありまして、それぞれの試験に特徴がありまして、日々技術が革新している情報セキュリティスペシャリストやネットワークスペシャリストの試験ではもう数年前の参考書だと古くなっちゃうみたいな傾向があったりするらしいんですが、一方でデータベーススペシャリストの試験だと10数年前の参考書の内容と全く同じだったりするらしく、そういうことを昨日、情報処理試験の著作を書いてる方のブログで知って、面白いなぁと思いました。

gettin a grip 1

2013.06.05.Wed
モニカ・セレシュの自伝第2弾のイントロを読んでみました。

前著と同じくナイフのstabは結構出てきます。というか前著でstabbingという単語を知った自分。
であらすじは、ナイフで刺されてやっとこさ復帰したはいいが、かつての自分になるために四苦八苦して、思ったことは「痩せさえすれば、かつての自分に戻れる」ということだったらしいです。ちょっとした出来事で、ストレスが掛かってしまうと過食に走ってしまうらしいです。既にプロとして復帰していたのに。

She continued the battle against herself --- forcing herself through grueling six-hour workouts, only to sabotage those efforts with secretive late-night binges.

梅雨明けかもね

2013.06.04.Tue
梅雨入りしたらしいんですが、梅雨明けしたんじゃねえのか?

応用情報技術者の25年春の午前問題はもうすぐ1週です。ウェブ上で問題解いてるとネックになるのが計算問題。ノートを開いて計算を書くのがめんどくさい。。。

DSCF1871.jpg

アマゾンマーケットプレイスでモニカ・セレシュの自伝第2弾を買ったった。
こっちの自伝は日本版はない。。
アガシの自伝も出てるので一度読んでみたい。

暑い

2013.06.03.Mon
外に出たら暑いけど家にいたら涼しい

応用情報の過去問午前を引き続きちょくちょくやってます。
参考書がまだないので、とりあえずさっと問題を見て見たことがないやつはすぐに解説に移るみたいな。。
情報処理試験の過去問はネットで解説が充実してるから助かります。
H25年春度の午前をやっと半分終わったくらい。ストラテジ系は楽に勉強出来ます。
理想としては午前の試験問題が150分なので、2日で解いて解説を見直すのが理想なんですが、既に午前本で勉強してるわけでもないので、まぁ解説読む目的で解いてるという形です。今のところは。

今日は錦織vsナダル戦を見ますが、まぁ無理ゲーに近い気が。。

曇り

2013.06.02.Sun
今は差し迫った試験もないし、ゆるやかな時間が流れています。。

応用情報技術者試験は多分受けるような気がしてます。
TOEICはある程度の点に達してしまったので、勉強しても勉強してもなかなか結果には響かない感じだし。
情報処理の勉強は今のところは楽しいし。
TQEの勉強はなにやればいいのかって感じですが。。

錦織選手がフレンチオープン4回戦進出でナダル相手らしいです。。
なんかもはや錦織選手がGSで4回戦とか行っても全然驚かなくなったんですが、ほんとにこれは凄いことです。
錦織選手は全豪でも4回戦、去年はベスト8進出してるし、この安定具合はかつての伊達公子選手以上のような気がします(伊達公子がトップ10にいた時代はランキングの算出法はアベレージポイント制だったし、格上に勝つと即ボーナスポイントがついたので)。GS大会だと32位までがシード選手なんですが、16番目のシードに入ることの重要性がとても大きくて、16シードに入れると少なくとも4回戦までは格上のシードには当たらなくなります(32シードだと3回戦で格上シードに当たる可能性が高い)。で、錦織選手はそれをちゃんと守ったわけです。しかも全仏オープン4回戦進出は日本男子72年ぶりとかなのでほんとに凄いことです。日本人選手はだいたいみんなクレーを苦手にしてて、伊達公子選手もクレー苦手と自負してますが、錦織選手はクレーでも苦手意識を感じないし、オールラウンダーっぷりがほんとに凄いです。芝でもオリンピックでフェレールに勝ったし。フレンチオープンの前哨戦でフェデラーに勝ったというのが自信になったのかもしれません。
GS大会は2週間行われるトーナメントで、4回戦に勝ち上がるという意味は2周目に残るという意味です。
かつて90年代で伊達さんが日本テニスを引っ張ってた頃は2周目に伊達と沢松、伊達と杉山、みたいに2人くらい勝ち残ってたりしたんです。で錦織が出てくる以後十数年間は2周目までにシングルスの日本勢が全滅するってのがホントに度々あったんですが、錦織選手はなにげに勝ち残ってる感じがするのが凄い。
で、実はもうウィンブルドンの前哨戦は始まってたりします。
フレンチオープンで勝ち進むと、2週間後ウィンブルドンの芝へのアジャストがほんとに大変で、全仏で勝ち進んだ選手はウィンブルドンでイチコケするってのがかなりあったりします。錦織選手にはそこら辺も注目したいです。

曇ってます

2013.06.01.Sat
今日は曇ってます。
雨にしろ晴れにしろ、今の季節が一年で一番好きな季節です。
秋は逆にあんまり好きくない。。

応用情報技術者試験の参考書まだ一冊も持ってないんですが、ネットで午前問題の解説、解答くらいはまとめられてるのでちょくちょくやってます。感想は基本情報の知識で結構解けるんじゃね?って感じもあります。
基本情報に合格するには勉強時間300hr、応用情報に合格するには500hr(基本情報に合格してる場合は200hr)という説がありますが、あながち間違ってないのかもしれません。とにかく午前問題はそれほど勉強せずにも行けそうな気配があります。一応アイテックの午前対策の問題集を買っときます。2010年版で380円くらいだったし。もしその知識じゃ新傾向に対応できなかった場合はまた取り寄せる予定です。でもまぁ、、大丈夫だと思うけども。
« Prev | HOME |