スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進捗

2014.05.31.Sat
法規が終わって、物理・化学に入ってる途中。
内容としては高校化学の基本ですが、高校時代化学得意だったわけじゃないし、内容もかなり忘れてるだろうから、割と身構えましたが、結構サクサク進んで、50/140P位は進んだ。
今日はかなり勉強できたと思うので褒めたいと思います。
法規の時はだらけてた時もあったので、物理・化学は気を引き締めてあと3日くらいで終わらせて、物性(一番ボリュームありますorz)の方に行けたらと思います。
まだ本番までは時間がありますが、できるだけ前倒しで。
物理・化学は計算系だから、暗記中心の物性と平行してやるのも考えてますが、参考書的に前から進めていってやり終えた参考書の厚みに悦に入るタイプなので。

それにしても今日勉強できたのはやっぱりジムに行ったからだと思う。
水曜日ジムに行って、今日は迷ったんですが行ってよかった。
前回勉強を進める上で場所を変えるってのがコツって行ってましたが、最近の自分の場合はやはりジムが一番!と思ってます。

スポンサーサイト

進捗

2014.05.30.Fri
86/101問目まで来た。法規。
やっぱり1週間位かかってるので、法規1週間、物理化学1週間、性質1週間、演習1週間くらいかかるとおもう。とても。
性質はボリュームが大きくて時間がかかりそうなのはわかってるので、物理化学がどれだけさらっとやれるかが鍵。
勉強は進んだり進まなかったりでイマイチ。

伊達さん乙

2014.05.27.Tue
ライストですが全仏オープン見てます。

昨日の錦織選手も残念でしたが、伊達選手も負けました。

伊達選手の相手はパブリチェンコワというロシアのシード選手で、ロシア選手と相性が良い伊達選手でも、クレーでは厳しかったみたいですね。
でも2ndセットを焼いたのにはびっくりしました。3セット目から見始めたことが悔やまれる。。
ファイナルセットは最後の方はかなり追い上げた感じがあったんですが、力負けって感じでした。
かつての伊達さんはフルセットになると強いってイメージでしたが、復帰後、しかももう43歳(!)らしいのでフルセットになるといきなり疲れが出てくるってのがかなりあるらしいです。
でも伊達さんのクレーにしては凄い良かった気がします。

ということで残りの日本選手は奈良選手だけですね。

進捗

2014.05.27.Tue
わかりやすい!の法令を勉強中。
法令は解説と例題が100問ほどあるのですが、例題は55問目まだ進んだので残り半分というところ。
相変わらず結構細かいところまで突っ込まれてますが、慣れてきたかも。
例題の細かさは応用情報午前と同じくらいかな。

進捗

2014.05.25.Sun
今日TOEICだったらしいです。
受験された方々はお疲れ様です。
TOEICの試験って2時間程度の試験なのに丸一日試験やったような疲れが出ますよね。

で、危険物甲種は参考書を進めている最中。
法令を勉強してるんですが、問題解いていくとかなり細かいことまで突っ込まれてて全然優しくないです。。。
危険物甲種は難易度ランクで言えば基本情報より下だったり、2chのスレでは化学科卒だと2週間で受かるような資格とか言われてたんですが、少なくとも今法令やってる時点では易しい試験には思えません。。。
法令で1週間、物理化学で1週間、性質で1週間、模擬試験問題集で1週間
くらいかかりそうです。本気で勉強するつもりなら。

で、このわかりやすい!という参考書なんですが序文に「合格大作戦」なる勉強法のチップスみたいな見開きページがあって、これがなかなかいいです。
問題の手応えで○や△などの印をつけよう、だとか、人間の暗記力は映像化やイメージ化すると増大するからマーカーを効率的に利用しよう、だとか、1時間自室で勉強したら自転車で30分移動して公園のベンチで1時間勉強したりして場所を適宜変えてみようだとかあります。

僕はどっちかというとマーカー使わない派(アンダーラインは鉛筆のみだったり)なんですが、こういう色がつくことへの記憶力の増大とか説かれるとちょっと考えちゃいますね。
あと、場所を変えてみようってのも僕もTOEICのときに常々思ってたこと(ガストで勉強とか)なので、なんだか凄く再納得させられました。
こういうチップスがあるといい参考書って予感しますよね。

やっと届いた

2014.05.24.Sat

わかりやすい! 甲種危険物取扱者試験 (国家・資格シリーズ 103)わかりやすい! 甲種危険物取扱者試験 (国家・資格シリーズ 103)
(2014/04/16)
工藤 政孝

商品詳細を見る


やっと届いた。ポストツッコミ状態で。

ざっと見てみた感じだと、法令と性質の単元が覚えることが多そう。物理化学は高校化学を齧ったレベルだから一気に行けるかも。
もう申し込んだのでちゃんと受けることを念頭に、勉強します。このブログで勉強日記をまた書き続けるかは謎ですが、できるだけ楽しむことを念頭に置いて。

遅い!

2014.05.24.Sat
アマゾンで20日夕方に注文入金した参考書が届くのが土曜日ということで遅い!
在庫だって10冊は残ってたのになんでこんなに遅いのか。。
佐川が撤退して郵政になったからなのか??

危険物申し込んだのは半分後悔してる(電験3とか応用情報2回目とかと迷ってました)んですが、まぁ仕方ないです。

受けます

2014.05.18.Sun
6月22日の危険物甲種受けます。
TOEICや情報処理試験の時みたいにガチ勉強するつもりはあんまり無いです。
多分来月から本気出す

静物を描いてみる10

2014.05.08.Thu
DSCF2441.jpg

アキーラのチタニウムホワイトを水で溶いて使ってみました。
ハッチングの細さは割と満足。チューブ絵具だからテンペラの時と違って品質が安定していて使いやすい。
ただ油の上に描くときは、テカテカの画面だと描きにくく、後から油の上に描く用のメディウムがあることを知った。ただメディウムを使うと線が太くなりそうなので購入するかどうかは不明。あとアキーラだとルツーセで艶出しすると溶剤成分で固化した絵具が溶け出す事があるとのこと。
ぐぐってみるとアルキドという意味はエステルのことで長油性フタル酸樹脂塗料というのが見つかった。
グリセリンと無水フタル酸をエステル結合して長鎖化したのが樹脂成分で、更にグリセリンの一部に乾性油成分である脂肪酸がエステル結合することで、その脂肪酸の二重結合が酸化重合によって架橋していくことで硬化するらしい。テンペラはいわゆるマヨネーズがバインダーだけど、乳化剤の役割を担ってるのがレシチンで、アルキド樹脂と同じくグリセリンに脂肪酸がくっついた部分が疎水性で、リン酸とコリンがくっついた部分が親水性で、こいつがエマルジョンを作る。
ということはアキーラの場合もグリセリンに脂肪酸がくっついた部分が疎水性で別に親水性部分があるんだとおもう。
クサカベには水性アルキド樹脂とあったけど化学式までは載ってなかった(とおもう)。

ということで薀蓄が長いですがアキーラには油が混ぜられます。アキーラ自体に乾性油なりが入ってないなら、そのまま水で溶いただけじゃ硬化するのは無理じゃね?と思ったんですが、元から既に乾性油が入ってるのかもしれないし、謎。
とりあえず油は絵具の半分は油を加えられるとのことで、油を加えるとルツーセで溶けなくなるんではないかという予想を立ててテンペラ絵具の比率を参考に乾性油とダンマルワニス(あと水)を加えてみようと思います。

画材を注文する

2014.05.05.Mon
gazai.jpg

画材をポチった。明日に届くらしい。
一番欲しかったのはミノーのシルバーホワイト。盛り上げに適してるらしい。
次はコーパル樹脂を溶かしたコーパルペインティングオイル。
次は手練りのカドミウムレッドがバーミリオンにそっくりな色ということで、かつて使っていたカドミウムレッドの色がなくなってしまったので、カドミウムレッドディープとパープル。手練りのカドミウムレッドにアリザリンレーキやライトレッドを混ぜてたけど、前者はブリードが怖いので買いました。ライトレッドは問題ないけど。
アキーラチタニウムホワイトというのは、前にも言ったとおりテンペラの代用となりうるらしいので買いました。
水性アルキド樹脂というバインダーが使われているクサカベ発の新しい絵具です。
5000円買うと送料無料なのですが、税抜き価格の上、無駄なものが増えるので止めました。

例の静物画はとりあえず置いといて次また別の小物を描こうとおもいます。
画材が無駄にならないことを信じながら
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。