受験票届きました。。

2012.11.29.Thu
 すきま風吹きすさぶ中、受験票が届きました。

 会場は大阪学院大学。。赤レンガの外観が非常に美しい大学です。

大阪学院大学
 
 大阪学院大学というと不登校ながらも高校を卒業し、自宅浪人生という名目のもと大阪の姉のアパートにお世話になりにきて、はじめて受けた全統模試の会場です。

 そうか。。あれからもう10年以上経ってたのか。。としみじみしました。

 中学まで大阪で育ち、家庭の事情で島根の高校に進むも馴染めず、3年越しに帰ってきた大阪の土地は、かつてとはかなり違っていました。街に茶髪が溢れ、当たり前のように携帯電話も普及していました。。覚えていたのは、大阪独特のホコリ臭い匂いと、部屋のドアを開けると唸り声を挙げるような独特の朝の外気。
 梅田に行くと猛烈な人の塊が、押し寄せるように濁流を作り、夜間高速道路を走り抜けるオレンジの光の粒粒がなぜかとても儚いものに見えました。。
 そして島根から帰ってきて、はじめて「ああ、これが都会なんだ。。」と、思ったのでした。先の見えない未来を模索しながら、足掻き、ふわふわ漂ってる気分でした。

 そんな中、大阪学院大学で模試を受けました。
 結果はもちろん惨敗。
 あのころは、「自宅だけで勉強するなんて不可能」と決めつけていました。事実、浪人時代は勉強した手応えなどまるでなくて、成績もむしろ下がった記憶があります。しかし、今は独学の事情が変わっていると思います。ネットも発達して、自宅にいながら世界中とコミュニケーションを取るのも容易になりました。例えるなら、ドラクエ5の主人公の宿敵ゲマが幼少の頃には歯が立たなかったけれども、レベルを上げて、装備を整えて、後に見事打ち破るような感覚です。
 その後なんとか山口の某大学に合格し、その後神戸に在住しながら、そしてまた大阪に帰ってきて大阪学院大学で受験するわけです。
 冒険の初心者の場所だった馴染みのダンジョンが、実はラストダンジョンだった、みたいな感覚です(大げさすぎ)。

 そうか。。ここが決戦の地というわけか。。じゃあ戦ってやろう。戦って討ち死にしてやろう。ここがお前とオレとの墓場になるというわけだ。。
 
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示