スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC受けてきました。。

2012.12.09.Sun
 TOEIC受けてきました。。

 思いの他早く着きすぎて寒風吹きすさぶ中、建物外のベンチで待たされました。。
 それにしても、というかやっぱりというか大阪学院大学は綺麗ですね。

 試験会場はBOSEスピーカーでした!前回はラジカセだったのに。。
 あと毎回毎回思うのが、なぜかいつも席が一番後ろです。。もしかしてETSのデータベースに隠しパロメータとして体重が記録されてて、体重が軽い順に並べてるとか??そりゃねーよな??

 で、試験内容ですが、リスニングはパート1はビミョー。パート2は自信あり。パート3,4も結構自信ありでした。
パート1はTBRラジオ聴いてみて、partiallyの奴は確実に間違えて、あとboardwalkの問題も「そんなのあったけ?」状態だったので、最高でも8点、、ってかんじ。ただしPart1は他は間違えてない気がします。
 パート2は前半は完璧だったんですが、後半はちょっとビミョーな問題があったかな?って感じ。悪くても27点はとれたかな?って感じ。
 パート3,4はコレまでの模試の感覚を見ていると26点、26点くらい、、かな?って感じ。ただし、ラジオ聞いてても間違えてる問題はなかったのでもう少し上にいけるかも知れません。
 それにしても、リスニングは公式にはじめて取り組んだのが効いたみたいです。10月の時は3問の連問をすべて捨てるようなのが何個かあったんですが、そういうのはなかったです。パート2も余裕な感じがしたし、パート3,4も多分ヨウンシガンより簡単でした。ヨウンシガンは固有名詞が多かったり、全体を問う問題が最初に出たりするのですが、そういうのはなかった気がしました。シナゴンファイナルの問題にでそっくりなのが何個かあった気がします。そうですね、今回のリスニングはシナゴンファイナルによく似てた気がしました。

 で、リーディングの方なんですが、こっちはわやくそでした。。
 ずーーーっとビミョーな感覚の問題が続いて、パート7で二問塗り絵しました。。ラジオ聴く限り、パート5のコピーペーパーのmoreをotherと選んで、as long asも間違えて、amongも間違えて、arrange forも間違えました。dividerとかcharitable causeとかも自信無いです。パート6はhave had to driveを間違えて、my officeも間違えました。パート7で自信がないのはDPのメンターのやつと、タワーのやつです。どれを塗絵にしたのか覚えてないのですが、多分DPだけで、6問くらいは間違えてる自信あります(ネガティブな自信)。とすると、パート5,6で前述の8つを間違えたとしてそれだけで14問ポシャってるので86点。換算値として最高でも420点くらいです。。ということは400切ってる可能性はすごくあります(自信大)。
 以前公式4-2で72点取ったと言いましたが、パート5はそこまで悪くないかな‥と踏んでも多分78点くらいかなぁ。。みたいな感覚があります。公式4の換算表でみると350点くらいですね。。(大汗)

 まぁ、多分2011年1月の時の370点よりはいいと思うので(塗絵も今回2問だけだったし)。。
 で、リスニングは410~435、リーディングは385~410くらいと予想してみました。
 
 リスニングの勝因はやっぱり公式。あとパート3,4を一気にたくさん解くというのが良いと思いました。ぶっちゃけ解けてるならスクリプトで聞き取れないところがあっても問題ないんじゃないか?というくらいそう思いました。リーディングは、ハッカーズ1を今取り組んでるんですが、明らかに今日の試験より簡単に感じました。というか、個人的には公式4のリーディングはハッカーズ1より難しいと思っています。ハッカーズ1は文章量が少ない問題ほど難しかったので、今回の試験はDPなどで文章量が多いメールの問題などを先に解いてたんですが、やっぱり難しかったですね。文章が少ないフルーツバスケットのやつが一番簡単に感じました。まぁ救われたのはTBRで「読解力を付けるのはやっぱり読解の勉強に時間をかけること」と言ってたので、単純に地道な勉強が必要ってことですね。

 試験以外の感想として。。
 
 なんか妙にトイレが近かったです。試験前にトイレに行ってたのに、リスニングの時で既にトイレに行きたかったです。TBRで「リスニングの時はトイレ行けないので辱めを受けさせられる」みたいに言われてたのは笑った。あとリスニングの最中って空調切るんですね。
 帰るときに教室出てみたら無茶苦茶な人の多さにビビりました。しかもなんかやたらオサレな人が多かったです。一瞬梅田三番街にいたのかと錯覚しちまったぜ。赤いミニスカで黒タイツの人とかもいたし。。

 で阪急正雀駅の券売機に人が30mくらい並んでたww
 追記として。

 やはりRとLの足並みを揃えるのってきついです。前回はRが良かったんですが、今回Lが多分いいな!と思ってたらRでやられるし。。今回Lはパート3,4を試験3日前くらいから6セットくらいやったんですが、Rはハッカーズの点が順調だったので正直舐めてました。。そうですね。まんべんなく勉強しないと。。


 今日帰ってきて惣菜のすき焼き鍋をこぼして、積み上げてたヨウンシガン、シナゴンファイナル、公式4が汁まみれになりました。

 匂いフェチだったのに、すき焼きの匂いに早変わり。。。・゚・(ノД`)・゚・。
スポンサーサイト
コメント
No title
お互い、大阪学院大学でのTOEIC公開テスト受験お疲れさまでした。

今回のリスニング、僕は9ヶ月ぶりの受験だったのですが、確かに、テスト直前までやっていたシナゴンFinalとシナゴンFinalシーズン2にかなり難易度が近かったように僕も感じましたし、シナゴンFinalを用いての直前リスニング模試演習は僕としても良い効果があったと思っています。

それにしても僕の自分のブログに書いたのですが、あのボースのスピーカー、一番前の席だった僕にとってはボリュームがあまりにも大きすぎて最悪でした。

それから、僕は今ちょうど韓流TOEICリーディング本の購入を検討していてどれとどれにしようか考えているところなのですが、ハッカーズ1は明らかに今日の試験より簡単に感じたとの情報、とても貴重で参考になりました。
ありがとうございます。
僕としては、公開テストと同じぐらいのレベルか若干難しめの韓流TOEICリーディング本を考えていますので、ハッカーズのリーディングはハッカーズ1はパスしてハッカーズ2のみ取り組んだ方が良さそうですね。
No title
Hisashi様

お疲れ様でした。
やっぱり大阪学院大学はなんか好きです。

シナゴンファイナルとかなり似た感じでしたよね。設問も選択肢の長さもよく似てた気がしました。
今回の試験でシナゴンファイナルに非常に良い印象をいだきました(敵視してたわけではないですがw)。

確かにあのBOSEのスピーカは一番前だときついかも知れませんね。今まで一番後ろばっかだったので。。。それにしても自分の教室の試験官も性格がきつそうなおばさんでした。。「解答やめて鉛筆を置いてください”(絶叫)!」みたいな。試験中の巡回もやたら多かったです。10月の時の試験は巡回そんなになかったのになぁ?とちょっと思いました。

ハッカーズ1RCは明らかに本番より簡単だと思います。公式4よりも簡単だと思います。。データや表を詳細に読まないと解けない問題はちらほら有るのですが、全体的に文章が短い&文章が読みやすいと思います。。


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。