スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉まるわかり大辞典

2009.05.19.Tue
 昨日このブログのタイトルでGoogle検索したら、トップに表示されてびびった。。

 なんか検索エンジンに引っかかるためには、色々方法があるそうなんですが、僕が知っているのはhtmlのmetaタグでキーワードを与えることなんですが、FC2ブログでそのやり方をどうすればいいのか分からなくて、放っておいらGoogleでは見事に登録されていました(Yahooでは見当たりませんでした)。多分独特な方法があるのかもしれません。というわけで、さまよってココにたどり着いたアナタはお疲れ様です。
 ありきたりで本当に適当に決めたブログタイトルなので、時節方向性が固まりだしたら変えたらいいや、と思っていたのが、今後変えにくくなるかもです。。

 それでですね、願わくば人様があまりレビューしそうに無いマイナーな本やアイテムをブログに載せていきたいんですが、本の場合、僕は図書館を利用することが多く、印象に残った本は部分的にコピーしたりしていて、それが結構どっかに消えていたりするんですね。というわけで書きたい本は結構あるのに、いざブログに書くにはできれば手元にあってほしいもので、再び図書館に出向く羽目になります。
 …というかですね、ここ1年くらいは金銭的に結構余裕があったのと、本を読む時間が無かったのと、あとは引っ越してきた近くにでかい図書館がなかったため、図書館をしばらく利用してなかったんですね。で、気がついたら本を半年間借りっぱなしで、貸出禁止の身になってしまいました。。(←要するに怠慢です)

 そういうわけで、あと1ヶ月くらいは本のレビューはあまり無いかな…と思ったりしています。


石井直方の筋肉まるわかり大事典石井直方の筋肉まるわかり大事典
(2008/11/22)
石井 直方

商品詳細を見る



 というわけで石井直方氏なんですが、この人は「筋肉博士」として有名で、東大運動生理学の研究者でありながら自らもトップボディビルダーだったという怪物です。日本の筋トレの本というのは往々にして、宗教的だったり、慣習的だったりするものですが、彼の著作や意見は良く実験データに基づいていて、非常に科学的な点に感心して、とても勉強になります。

 で、この本なんですが、この本をざっと読んだだけでも、目からうろこがボロボロと落ちました。それほど内容が濃くて、吟味するに値するからです。今この本は僕のトレーニングの辞書のようなもので、ページのあちこちに折り目があります。トレーニングがマンネリ化したりすると、とりあえずこの本に立ち返って眺めたりしています。多分そのうち手垢で汚しまくると思います。
 筋トレ初心者ではないが、学術論文に手を染めるほどのマニアでもない人にはもってこいの本多と思います。
 
 図書館ではやや古くて面白い本は見つかりますが、新刊はやはり買わざるを得ず、ましてや日進月歩のトレーニング科学に関する本は新しい方が良いのは当然だと思います。こういう本こそ図書館で借りるんではなくて、買うのに価値があるんですね(苦笑)。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。