スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッカーズ1-9が終わりました。。

2012.12.15.Sat
ふー

hackers1-9

 とりあえず、ハッカーズ1-9が終わりました。
 結果は、パート5が38、パート6が10、パート7が40でTotal88(換算435)でした。前回と同じ点数。
 今回パート7に55分53秒もかかってしまったので、塗絵5問もしてしまいました。。塗絵なしならパート7が45点でTotal93(換算465)だったのに( ;∀;)。。93点ならHackers1に取り組んで自己記録更新でしたね。
 パート7が悲惨だったんですが、パート5が結構イイ点数だったので、それで持ち直してくれた、って印象です。
 今回パート5も18分かかったし、なんだか調子が狂ってる気がします。ハッカーズ1に取り組んでからそこそこ順調に点を伸ばしてきて、コクジトジョトムみたいな難しい模試を挟んだからか、それとも本番を挟んだからか、よくはわかりません。でも、模試自体の慣れの問題なら、問題集じゃなくて本番に慣れないと意味ないって気もします。
 パート7なんですが、ちょっと時間がかかる問題に固執し過ぎた感じがあります。でも、それで間違えたならとっとと先に進むべきだったと思えるんですが、正答率はまぁまぁだったし。。DPは今回は完全に先に解くべき問題を見損なった感があります。一番最後に回した5問が一番簡単でした。で、最近の癖として、上下メールのやつを先に解いてたんですが(メールは文章の流れが読みやすいので)、何故か今回は時間がかかってしまいましたね。上がスケジューリング、下がメールになってるDPがあったんですが、はっきり言ってコレを最後に回すべきでした。スケジューリングとか日程表とかは固有名詞がやたら出てくるので、設問で問われてる名詞を探すのに時間がかかるんです。メールだろうと広告だろうとアーティクルだろうと一つのトピックについて掘り下げる奴は読みやすいんですが、固有名詞がやたら登場する奴は読んでるうちにうがぁぁぁ!ってなってくるので辛いです。で、ダブルパッセージの場合はそういうのが多いから時間がかかるんですよね。今回のDPのメール問題にしても某会社の担当者がケータリングサービスでPrudentia buffet packageってのを依頼してるが、ケータリング会社の担当者はVeritas packageってのをオススメするって問題だったんですが、まず会社名が2つ出てきて、担当者が二人出てきて、で↑のようなパッケージ名が2つ出てくるわけです。「読みにくいからA会社とか、担当者のBさんがCパッケージを注文、みたいにやってくれよ!」って思うわけです。解いてる側からすれば。でそういう長ったらしい固有名詞って途中から略称に変えたりするから益々情報が増える!ヽ(`Д´)ノ。駅名とかも嫌いですね。リスニングでも固有名詞って「なんでそんな固有名詞とわかりにくいような名前つけちゃったの??」って思う時によく出くわすんですが、リスニングで固有名詞が固有名詞だとわかんなかったら、情報が一気に読み取れなくなったりするんですよね。。
 固有名詞ってかなり強敵(トモとは読めない)ですよ。。ほんとに。
スポンサーサイト
コメント
No title
お世話になっておりますHisashiです。

僕と同じく900点を目指して韓流TOEIC本で学習されておられ、公開テスト会場も同じで、とても親しみを感じておりますので、是非とも僕のブログにリンクをさせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?
よろしくお願いします。
No title
HIsashi様こんばんは

こちらからもリンクどうぞ宜しくお願いいたします。m(_ _)m

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。