スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Leroy Hutson

2013.01.05.Sat
今朝は寒い。。



Leroy Hutsonという人はハワード大学で音楽を専攻して、ソウル界に音楽理論を持ち込んだ人物として知られてます(多分そんなことを以前ラジオで言ってた気がする)。カーティス・メイフィールドが抜けたインプレッションズのリードシンガーとしての後釜を任命された人物であり、ナチュラル・フォーなどのプロデュースも手がけた人物です。一番有名なのが「ハトソン」というアルバムで、ラジオでもそのアルバムに収められたIt's Differentという曲がヘビーローテーションしてました。



で、このCloser To The Sourceという曲は、比較的マイナーなアルバムのタイトル曲ですが、個人的にマーヴィン・ゲイのI Want Youにも匹敵する名曲で、全体的に気だるい雰囲気が漂いつつ後半に向けて盛り上がる感じがたまらないです。It's Differentが春のイメージとしたら、このCloser To The Sourceは明らかに冬のイメージですね。気だるい深夜に酒を煽って、小さな部屋の隅っこに押し入って、オンボロのラジカセから流れてくる音楽に身を委ねる。そんな曲です。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。