スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETS1000LCのテスト4終わりました。。

2013.02.23.Sat
DSCF1657.jpg

結果は9(7),28(18,21),29(45),30で96点(480-495)
聞いたことがあったスクリプトはパート4にひとつくらい。

うーむ。。。なんか出来過ぎな気がする。。(;´∀`)

なんでこんなに高得点が続いてるのかと考えてみたんですが、
まず
・TOEIC Prep Bookは結構短いスクリプトも存在する。
つまり、パート3,4でそういう結構短いスクリプトの中から無理やり3問つくり上げるわけで、そういうのが難易度を下げてる気がします。ただ、スクリプトが短い分即座に答えないといけないハードさもたまにあります。
・選択肢が平易
全部聞けなくても選択肢がこなれてないので、消去法でほぼ選べます。
・総括
スクリプトに合わせて選択肢を作ってるので引っ掛けが少ない気がします。

リーディングの方はタフなんですが、多分リスニングの方は易しめ。。ただし、テスト1のパート3は結構タフな問題もあったので、まだ油断はできません。。
スポンサーサイト
コメント
No title
こんばんわ、はじめまして。
私も「公式実戦」のLをやっていて、
「やけに簡単だな?」と思い、感想を書いてるブログを探して
ここにたどり着かせていただきました。

大体記事で書かれていることと私も同感で、
あくまで公式実戦1000のLの方については、
300分くらいの公式ナレーターの音声素材+練習問題
くらいに思った方が良いかもしれないですね…
それでももちろん十分、凄いことなのですが。
No title
はじめまして。
コメントありがとうございます。

なるほど。やはりこの問題集のLCは簡単だったのですね。
ちょっとぬか喜びだったような感じがして残念かも。。(;´∀`)
このリスニングのレベルに慣れすぎて本番で打ちのめされないように、他の問題集のリスニング問題も適宜交えたほうがいいのかもしれませんね。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。