スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の扁桃炎

2009.12.16.Wed
 とりあえずネタが有るうちに、ブログうpしてしまおうという魂胆です。

11月に気管支炎になりました。総合病院の内科で抗生物質(なんかドライシロップとかいうものらしい。微妙にうまい)だとか、咳止めだとか、熱下げなど処方してもらって、ムチャクチャ効いたのでそれはスゴク良かった。
(ちなみに近場の爺さんがやってる内科では風邪はインフルエンザと普通の風邪しか認められないらしい。。orz
以前行ったときは薬が切れたら即ぶり返していたので怪訝ではあったが‥)

で、先週。。
今度は
「扁桃炎」
になっちまいました。バンザーイバンザーイ オワタww オワタww

最初はまた気管支炎かと踏んでたんですが、薬はちっとも効かないし、熱は39℃出るし(多分筋トレ効果ガタ落ちです!)、寝ててもしんどい。起きてもしんどい。という踏んだり蹴ったりです。

ちなみに病院行く前に布団干そうとしたら、何故か毛布やらバスタオルやらを巻き込んでしまい、下の階まで落としてしまいました。39℃超えたら自分がなにやってるのかわからなくなるようです。。。(でも自分が落ちなくて良かったです)。

とりあえず抗生物質を追加してもらい、眠るためにデパスを処方してもらい、点滴打ってもらいました。もう大丈夫!と思ったら現在また39℃。。頭が熱い…。のどが痛い。。飯が食えない。。
これって扁桃摘出ルート??顔が変わったりしたら嫌だなあ。。。

とりあえず今後の対策として、
 部屋着と、外着を区別する→除湿機よりもファブリーズでカバーする。→布団乾燥機買う。→布団一式買う。→ベッド買う。
の順番になると思います。。。

でも一番の優先度は「定期的な掃除とストレスを溜め込まない」なんでしょうが、僕には多分無理です。。orz

 ちなみに緑茶のうがいとかいいらしいですね。水道水のうがいもいいらしいです。意外だったのはイソジンは殺菌力が強すぎて逆に良くないとかいうデータをどこかで見ました。でうがいした後はそのまま飲んでも胃液で死ぬから無問題らしいです。
 ということなら、咳で出てくる痰は片っ端から飲んでもいいようですが、恐らく吐き戻すこと確実です。
 (でも、一番怖いのは痰を処理した後のティッシュの山なんだよなあ。空気中にコンタミしたりしないんだろか??)

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。