TOEICについて考えてみる

2010.09.05.Sun
 学生時代、4回は受けた試験・・それがTOEIC..

 学校とかのある程度の団体ならIPテストっつー過去問でできたテストがあって、値段も安かったりする。

で、自分は5000円弱を4回この試験に投資した・・つまり2万か・・

 最近何気に使ってた参考書を手にとってやってみた。。昔よりも簡単な気はする・・。院生の頃論文読んでたのものあるかもしれんし、ネット社会で英語のウィキペディアとか見まくってたってのもあるのかもしれん。

 今この試験がどういう立ち位置にあるのかは分かんないけど、自分が学生だった6年まえぐらいはちょうどうちの学校で英語の単位認定をTOEICで補完できるという制度が始まったところだった。で、それによると450点取れると全教養課程の英語単位を認めるとかいうものだったと思う。自分はそのころ大学3年で教養はほとんど履修済みで、かつ1年の時から500点は超えていたので、
「おいおい、はやく言ってくださいよお~orz」
と学校を恨んだものだった。

 進学にも有利で修士課程の英語試験をTOEICスコアを適用できるところも増えているらしい。
大体修士試験って夏と冬の二回あるから、これは本当にありがたい事です。
 まあ内部進学で修士落ちるってそうそういないとは思うけど..でも自分は馬鹿なんで外部進学で夏落ちました。。


 学校を離れてからはTOEICのことはあまり気にしなくなってた。。というのは確か公式は7000円くらいした記憶があったからだった。でも昨日公式で見たら安くなってた。。これならIPテストとそう変わんねえじゃん!

 ということでちょっと過去使ってた問題集で自分の今の実力を比べたりしようと思っている。
でも電験3という試験も過去問とか見てたら、学校でやったようなことなんでなんとかなるかも?と思ったりして、
試験料も安いし・・と浮気がちな今日この頃。

 とりあえずファミコンやる感覚で、勉強します。


 ちなみに、僕はテニスが好きなんですが、グランドスラムの公式とか行くとインタビューとスクリプトがあったりして、これは結構役に立ちそうです。
 なにより憧れの選手たちで勉強できるってのがイイ!
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示