スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノの旋律がきれいなソウルを考える

2013.10.26.Sat
ソウル系のピアニストはスティービー・ワンダーだとかダニー・ハサウェイだとかフランク・マッコムだとかブライアン・マックナイトだとかアリシア・キーズだとかたくさんいますが、直感で選んでみました。



アイズレー・ブラザーズの1973年のアルバム3+3のラストに収録されてるこの曲。
かつてアイズレー・ブラザーズは3人の兄弟バンドだったんですが、このアルバムで新たに3人増えたそうです。



クラウン・ハイツ・アフェアの1982年のアルバムから。詳しくないんですが、彼らは70年代後半にディスコブームで有名だったグループのようです。



最後はジョージ・ベンソンのグレイテスト・ラヴ・オブ・オール。この曲はホイットニー・ヒューストンのカバーで有名ですが、こっちがオリジナルで、モハメド・アリの映画に捧げられて作られました。
で、この曲のライブ版の入りが最高。。1977年のロサンゼルス版も最高。。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。