スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aretha Franklin

2013.11.11.Mon
クイーンオブソウルのアレサ・フランクリンです。
なぜ今頃?ということなんですが、アレサ・フランクリンは長いキャリアのせいで誤解されがちだと感じたからです。
大体アレサとくればRespectだとか、You Make Me Feelが流れます。
でアレサはそういうイメージとして他は聴かないで終わる、ってパターンが結構あると思うのです(と、80年台のベストアルバムで松尾潔がライナーノーツで言ってたし!)。
ただしアレサは82年のJump To Itでルーサー・ヴァンドロスをプロデューサーに迎えてからサウンドが一変します。



ジャジーな流れがしびれる名曲。



続いて引き続きルーサープロデュースのGet It Right。とてもファンキーな名曲。この曲はR&B1位に輝いたんですが同アルバムの売れ行きは芳しくなく、そのせいか次のアルバムからはNarada Michael Waldenプロデュースになって、また数々のヒット曲を生んだんですが、自分はナラダの曲はあんまりピンとこなかったです。なんか音が軽いというか・・。



でその後Babyfaceによるプロデュースとかを経て、こちらは比較的最近97年でのヒットで、ローリン・ヒルによるヒット。

こういう一連を踏まえるとやはりソウルクイーンと頷かざるを得ません(´・ω・`)。
最近ではテニスのUSオープンでも歌ってたしホントに凄いおばあちゃんです。

あとよもやま話としてアレサは飛行機に乗れないのでアレサを日本で見ることはできません。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。