Gladys Knight & the Pips

2013.12.04.Wed
前回のArethaに続いて女帝特集。

グラディス・ナイト&ザ・ピップスはジョージア州アトランタ出身のファミリーバンドで、ここで紹介したいのは70年台中盤からカントリー音楽のソングライターであるJim Weatherlyによるヒット。



If anyone should ever write my life story
For whatever reason there might be
Ooo, you'll be there between each line of pain and glory
'Cause you're the best thing that ever happened to me

74年全米3位の曲で、between each line of pain and gloryって歌詞のところがとても(・∀・)イイ!!



こちらは73年の全米2位の曲。

他にも夜汽車よジョージアへとかが有名ですが、一貫してカントリーミュージックの穏やかさが漂っていて、独特な魅力があります。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« あと1日 | HOME | あと4日 »