スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナゴンファイナル1-1やってみた

2012.11.05.Mon
 シナゴンファイナルLC1のテスト1をやってみました。
以下感想。
 パート1:パート1は常時8割は取れる様になってたので、最近あまり取り組んでなかったが、今回やってみてビミョーな手応えだった。8点だったけど、手応え自体はヨウンシガンやらエコノミー1より低かった。ビミョーな選択肢が多かったと思う。
 パート2:明らかにヨウンシガンやらエコノミー1よりナレーションのスクリプトが短い。しかし選択肢がイマイチこれだ!というものを選べないので手応えはいまいち。しかしながら29点をとれて自己最高記録を更新
 パート3、4:それぞれ24,25点。韓流模試で定番のぼそぼそ声の男性はいつもどおり登場するのだが、他にも中国系イングリッシュのような女性や、やたら文章の間に休憩を入れる男性がいたりして、癖のあるスピーカーが多かった。慣れの問題で済めばいいんですが、実際のTOEICでもいつも出てるスピーカーさんの他にゲストスピーカーなる人がたまに現れるらしくて、ユニヴァーサルな聴解力が必要になりそうですね。。かといって、かつて僕は公式に取り組んだことがなかったため、誰が定番のスピーカーさんなのかはあんまりわからないんですが(;^ω^)。
あと追記として、パート4でquestions ○○ to ○○following weather report.みたいな導入のアナウンスがありますよね。で、その1問目にWhat is the report mainly about?みたいな質問があって、選択肢にWeatherとかあったりするんですが、そんなの導入のアナウンスだけで答えられるよ!みたいな問題が3問くらいありました。

 総評:合計86点(換算値440点くらい)で韓流模試に取り組んでから自己最高でした!\(^o^)/
ですが、手応えはいまいちです。特にパート1,2がビミョーな選択肢が結構あったので。

まあまた逐次レポートします。

次は公式4に取り組みます!


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。