( ´_ゝ`)

2012.11.08.Thu
 ぜーんぜん勉強はかどらやせん。。
じゃあ、来週のテスト結果見たら捗るのか?って言われたら、絶望の淵でもっとはかどらなくなったりして。。

 韓流模試の先人様方が仰られたように、韓流模試は届いた時のテンションの上がり方がヤバいです。
なんでか?と考えてみたところ
・分厚さとでかさが教科書っぽい
・あんまり自己啓発書っぽくない
って感じでしょうか?

 そうそう。韓流模試の届いた時のうれしさは高校で初めて手にする教科書の雰囲気に似てる気がします。
 机に山積みにされた刷り立ての教科書の束を一冊引きぬいて、ページの匂いをかぐ。あの興奮に似てる気がするのです。カバーレスのペーパーバックも教科書を思いださせるかもしれません。値段も教科書並みに安いし。

 韓流模試は問題のクォリティもクォンティティも値段も文句ないのですが、ただひとつ文句があるとすれば、リスニングのスピーカーの幅が狭いような気がします。つまりどの模試を見てもほぼ同じようなスピーカーが出てくるのです。公式と同じスピーカーは登場させられないだろうし、だったらもっと幅広いスピーカーを採用すべきじゃね?と思ったりします、たまにね。。

 2年前くらいの時までは、模試とか一日1/4くらいしかこなせなかったんですが、一日一模試を目標にここ2ヶ月くらいやってきてるんですけど、明らかに模試に取り組む抵抗がなくなってきてます。10月の本番もそれほど負担を感じずに受けれたし。。やっぱりそういう普段からのエクスポーズが大事なんですね。。

 
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示